油水分離装置   排水十字軍


 油水分離の困難なコンプレッサードレン排水等を
動力を使わずに油水分離槽内で比重分離法、造粒法
及び吸着法の組み合わせによって、油水分離処理す
ることができます。
排水規制値をクリアし、取り扱いが簡便で、ランニ
ングコストのかからない、経済性に優れた、精密油
水分離装置。

 

据え置き型

 油分の造粒と吸着が行われ、処理水は油膜が見えない清澄水として放流可能にする装置です。
油分の多くを造粒層で吸着し、乳化した困難な排水をセラミック層で吸着します。

 水質汚濁防止法など、油分等の有害物質を含んだ排水は地下浸透が禁止され、地下水汚染の場合は 地下水浄化の措置が命じられます。また、河川や下水への排水規制も厳しくなって参りました。
ISO14001の取得を検討する場合には、小型コンプレッサーでも、発生するドレンの適正措置が求められます。


排水十字軍〜据え置き型
特徴
用途

★高濃度含油ドレンの精密処理
含油ドレンの処理能力は油分5mg/日
★メンテナンスフリー
動力を使わないので、機械的故障はありません
★省スペース
コンパクト設計で簡単な据え置き型
★造粒材、吸着剤の交換
3〜6ヶ月

☆コンプレッサードレンの処理
☆工場の機械洗浄水の処理
☆工場の切削油水の処理
☆工場の含油雨水
☆自動車整備工場、ガソリンスタンド排水

型番
処理能力
装置寸法
重量
造粒材
吸着剤
S1
1m3/日
900x600x500
130kg
8玉
20kg
S2
2m3/日
1200x600x600
150kg
11玉
40kg
S3
4m3/日
1200x900x900
260kg
24玉
80kg
S4
6m3/日
1800x900x900
1340kg
42玉
120kg
カタログダウンロード
キーワード 油水分離 エマルジョン 廃水処理 据置型 ろ過装置 メンテナンスフリー